フリーランスのための青色申告応援サイトです。経理初心者の方でも、青色申告が簡単に出来ます!

 e-Tax のポイント解説/令和4年分

2023年1月13日掲載

e-Tax のメリット

e-Tax(電子申告)には、次のようなメリットがあります。

  • 事業的規模の場合、青色申告特別控除 65万円 を受けられる。
    • e-Taxで電子申告 ⇒ 青色申告特別控除額 65万円(最高額)
    • 紙に印刷して提出 ⇒ 青色申告特別控除額 55万円(最高額)
  • 自宅から、時間の制限なく、確定申告ができる。
  • 確定申告書へ添付する書類は、提出不要。 ※5年間保存が必要
  • スピード処理され、還付金が早く戻ってくる。

初めての e-Taxでは、事前準備が必要です!

e-Tax(電子申告)は、次のような流れになります。初めてe-Tax する場合は、事前準備が必要です。

  1. 事前準備
  2. 国税庁の「確定申告書等作成コーナー」へ決算データを入力し、「青色申告決算書」と「確定申告書」を作成・送信
  3. 送信データを保存 
    ※翌年からは、保存データ(拡張子:.data)を読み込むことで、必要データを引き継いで、次年度分を作成することができます。

事前準備とは?

e-Tax には、マイナンバーカードが必要です。マイナンバーカードを取得していない場合は、「ID・パスワード方式」で、e-Tax することができます。
※ID・パスワード方式は、マイナンバーカードが普及するまでの暫定措置になります。

マイナンバーカードの有無で、事前準備の内容が異なります。

  1. e-Taxマイナンバーカード方式
    • マイナンバーカードを用意
      注1:「電子証明書」の有効期限を確認します。
      注2: パスワードが3種類あるため、管理が必要です。
    • 「ICカードリーダライタ」または 「マイナンバーカード読取対応のスマートフォン」を用意
  2. e-TaxID・パスワード方式 ※マイナンバーカードを持っていない場合
    • 税務署にて、「利用者識別番号(16桁の番号)」を取得
      ※顔写真付の本人確認書類を持参して、管轄の税務署へ行き、税務職員による本人確認を行うことで、「利用者識別番号」が記載された「ID・パスワード方式の届出完了通知」が発行されます。

「確定申告書等作成コーナー」 から e-Tax

e-Tax国税庁の「確定申告書等作成コーナー」にて、「青色申告決算書」と「確定申告書」を作成・送信することで、e-Tax(電子申告)が行えます。

※確定申告書の作成手順については、「令和4年分 確定申告書等作成コーナー入力マニュアル(パソコン版)」が、用意されています。

令和4年分の留意点

  • 所得税の確定申告期間
    令和5年2月16日(木)~3月15日(水)まで
    ※還付申告は、1月4日から受付けています。
  • 申告書の書式について:
    「確定申告書A」が廃止され、「確定申告書B」に統一の上、名称が「確定申告書」へ統一されました。
  • 「事業所得」と業務に係る「雑所得」の区分について(所得税通達の改正):
    記帳・帳簿書類の保存がある場合は、概ね「事業所得」となりますが、収入金額が少ない場合、赤字が続き営利性が認められない場合は、税務署の判断により、「雑所得」になる場合があります。
  • 国税庁「確定申告書等作成コーナー」からの e-Tax(電子申告)について
    • 決算書の入力画面が、全面リニューアルされました。操作の手引きをご覧ください。
    • マイナンバーカード方式で申告の方へ
      マイナンバーカードの読み取り回数(従来は3回)が、e-Tax へのログイン時のみ1回になりました。
    • マイナポータル連携の対象が拡大
      マイナポータル連携とは、確定申告書の作成において、所得控除証明書等のデータを(マイナポータル経由で)取得し、申告書の各該当欄へ自動入力する機能です。
      令和4年分から、医療費通知情報、公的年金の源泉徴収票、国民年金保険料などが、連携対象となりました。
      詳しくは、マイナポータル連携ページをご覧ください。
    • 「確定申告書 第一表/収入金額/事業所得」の「区分」について
      e-Tax では、「事業所得の入力画面/帳簿の種類」にて、「2.会計ソフト等で作成した帳簿(1を除く)」を選択してください。
      ※本ソフトは、税務署が規定する「優良な電子帳簿」に該当しないため、「区分 2」になります。

      e-Taxの事前準備

    • 「確定申告書/事業所得の入力/源泉徴収されている収入の内訳入力」について
      税番号制度に伴い「場所(住所)又は法人番号」を入力します。
      ※法人番号については、「国税庁 法人番号公表サイト」をご覧ください。

      e-Taxの事前準備

作成コーナーへアクセス

確定申告書等作成コーナー」へアクセスすると、以下のトップ画面が表示されます。
利用状況によって、作成開始ボタンを選択します。

  • 初めて利用する場合 ⇒ 「作成開始」をクリック ⇒「提出方法の選択」画面が表示されます。
  • 前年の保存データがある場合 ⇒ 「保存データを利用して作成」をクリック
    • 「過去の年分のデータの読込」画面が表示されたら、「ファイルを選択」をクリックして、前年の申告データ(拡張子 .data)を読み込みます。
      個人情報と前年の「貸借対照表」の期末残高、「減価償却資産台帳」の資産データなどを引き継いで入力できます。
    • 税務署への提出方法を選択(※)します。
      ※提出方法の選択内容で、表示される画面が異なります。

e-Taxの事前準備

提出方法の選択

e-Tax の提出方法を、次の3つから選択します。

  1. マイナンバーカード方式(スマホでQRコードを読込み)
  2. マイナンバーカード方式(ICカードリーダライタ使用)
  3. ID・パスワード方式

e-Taxの事前準備

申告書を作成する前に、パソコンの利用環境(OS,ブラウザ、PDF閲覧ソフト)と、提出方法による、事前確認があります。

  • マイナンバーカード方式(スマホでQRコードを読込み/ICカードリーダライタ)
    • マイナポータル連携をするかどうか選択
    • 「マイナポータルアプリ」をインストールして、マイナンバーカードを読み取り(認証)
      ※利用者識別番号(16桁の番号)の登録、取得済の場合は関連付けを行います。
  • ID・パスワード方式
    • 利用者識別番号(16桁の番号)の入力

作成する申告書の選択

「作成する申告書の選択」画面から、「令和4年分の申告等の作成」の右横の「▼」をクリックして、「決算書(+所得税)」を選択します。
「靑色申告決算書の種類選択」画面が表示されたら、「青色申告決算書(事業所得用)」を選択します。

作成した「青色申告決算書」のデータを引き継いで、所得税の「確定申告書」が作成できます。
入力手順については、以下、作成コーナーの操作の手引きをご覧ください。

e-Taxの事前準備

e-Tax のサポート(国税庁)

「確定申告書等作成コーナー」の入力・操作方法に関するご質問は、各サポートへお願いいたします。