フリーランスのための青色申告応援サイトです。経理初心者の方でも、青色申告が簡単に出来ます!

 次年度の帳簿作成方法/データ移行

次年度の帳簿を作成する場合、初期設定から全てやらなければなりませんか?
本ソフトには、ファイル間のデータ移行機能が付いていますので、初期設定や期末残高を自動で引き継いでいただけます。移行方法について詳しくは、オンライン操作ガイドのコチラのページをご参照ください。
決算を終了する前に、次年度の帳簿ファイルへ入力することはできますか? その場合、データ移行はどのように行ったらいいですか?
決算する前に、次年度の帳簿へ入力する場合は、次の手順でデータ移行を行ってください。

データ移行いただく際に、移行元の帳簿ファイル(決算中の帳簿ファイル)は、必ず閉じておいてください。移行先と移行元の帳簿ファイルを取り違えると、上書きにて仕訳帳データが消去されますので、ご注意ください。
  • 次年度の帳簿ファイルを起動して、初期設定の「基本情報の入力」を開いてください。
    ※移行元の(決算中の)帳簿ファイルは、必ず閉じておいてください。
  • メニューバーにある「前ファイルからデータを移行」ボタンをクリックすると、「帳簿データの移行ガイダンス」が表示されます。
  • ①から「<前年度>の帳簿からデータを移行」へチェックを入れると、②の移行項目が表示されますので、「期首残高の入力(前期末の科目残高)」のチェックを外して、データ移行を実行してください。
  • 決算が完了したら、再度、次年度の帳簿ファイルへ、<前年度>からデータ移行いただき、「期首残高の入力」のみチェックをいれて、前期末の科目残高の引き継ぎを行ってください。
データ移行方法については、オンライン操作ガイドのコチラのページに掲載していますので、合わせてご参照ください。
データ移行したいのですが、前年の帳簿がどこにあるか分からない時、調べる方法はありますか?
帳簿ファイルの保存先を探すには、次のような方法があります。
  • 帳簿ファイル名(またはファイル名の一部)が分かる場合は、パソコンの「検索窓」へ 入力すると表示されます。
    ▼検索窓の表示方法
    ・Windows7: 画面左下の「スタート」ボタンをクリックすると表示されます。
    ・Windows8/8.1: 画面の右上隅または右下隅にカーソルを合わせると「チャームバー」に表示されます。
    ・Windows10: 画面左下の「タスクバー」に表示されています。
  • ファイル名で検索できない場合は、エクスプローラーを開いて、「ドキュメント」「デスクトップ」「ダウンロード」フォルダ内を確認します。
  • Excelを起動する、「最近使ったファイル」が表示されます。その中にファイル名があれば、クリックすると表示されます。
前年の帳簿ファイルからデータ移行して、入力していました。前年の入力に誤りを発見して訂正した場合、再度データ移行しても、入力データは消えたりしませんか?
データ移行には、2通りあります。「<前年度>の帳簿ファイルからデータ移行」する場合は、「仕訳帳」はデータ移行しないため、入力済みのデータが上書きされることで消えることはありません。

また、移行する項目を選択して、データ移行することができます。

ただし、「<今年度>の帳簿ファイルからデータ移行」を選択して、データ移行を実行すると、全てのデータがコピーされますので、ご注意ください。

データ移行方法については、オンライン操作ガイドのコチラのページをご参照ください。
パソコンが壊れ、前年の帳簿ファイルがありません。データの引き継ぎは、どうしたらいいですか?
前年の帳簿データが無い場合、科目残高の引き継ぎは、次の要領にて行ってください。
  • 税務署へ提出された前年の「青色申告決算書(控)」の 4ページ目「貸借対照表」の期末の科目残高を、 帳簿の「初期設定/期首残高の入力」へ入力します。
    事業主貸・借、元入金の引き継ぎは不要です。資産、負債の科目残高のみ引き継ぎます。
  • 償却中の減価償却資産がある場合は、「青色申告決算書(控)」の 3ページ目「減価償却費の計算」を見ながら、資産データを、「減価償却資産台帳」へ入力し、「前年末の未償却残高」を、「期首の未償却 残高」へ引き継ぎます。
以上で、前年度からの引き継ぎは完了です。
勘定科目や仕訳パターンなどの初期設定は、再度行っていただく ようになります。

パソコントラブルは、予期せぬ時に発生致しますので、帳簿ファイルは、必ずバックアップを取っていただくことをおススメします。
前年の帳簿からデータ移行したら、仕訳帳へ前年の記帳内容がそのままコピーされました。どうしたらいいですか?
原因は、「移行ダイアログ」にて、<今年度>の帳簿からデータ移行を選択されたことによります。次の手順で、データ移行をし直してください。
  • マイページから再ダウンロード、またはダウンロードデータがお手元に残っている場合は、解凍して、新規の帳簿ファイルをご用意ください。
  • 新規の帳簿ファイルを起動して、<前年度>からデータ移行を選択して、データ移行を実行してください。

データ移行方法については、オンライン操作ガイドのコチラのページに掲載していますので、合わせてご参照ください。