フリーランスのための青色申告応援サイトです。経理初心者の方でも、青色申告が簡単に出来ます!

 勘定科目の設定


勘定科目は、税務署所定の「青色申告決算書」で使われている科目を標準として、初期登録されています。取引内容に合わせて、勘定科目の設定を行ってください。

手順① 自宅事務所の方は、家事関連費の補助科目を追加!

自宅を事務所にしている場合は、電気代や電話代など(家事関連費)を、仕事に使っている割合(按分率)に応じて、経費にすることができます。ケースに従って、「水道光熱費」と「通信費」の補助科目の設定を行ってください。

 自宅事務所  事務所を構えている

▼事業のお金から支払っている場合

支払額を入力し、決算時に家事使用分を差し引きます。
経費にする補助科目を追加します

注意決算時の仕訳を、自動入力できます。
自動按分機能を設定はコチラを参照してください

▼個人のお金から支払っている場合

事業使用分(支払金額×事業使用割合)を、 「水道光熱費」 「通信費」 で入力します。
設定手順の②へ進んでください

※費用ごとに集計する場合は、補助科目を追加してください。

▼全額経費になる場合

事務所経費は全額費用になるため、補助科目を追加する必要はありません。全て【不使用】でOKです。

各費用は 「水道光熱費」 「通信費」 で入力します。

設定手順の②へ進んでください

※費用ごとに集計する場合は、補助科目を追加してください。

経費にする補助科目を追加

経費に加える補助科目の【使用】をクリックして、科目を追加してください。


【使用/不使用】の設定の切り替えは、ワンクリックで!

注意ダブルクリックすると、ワークシート保護解除のパスワードが要求されますのでご注意ください。


手順② 勘定科目の追加

初期登録の<経費>の勘定科目に、必要な科目がない場合は「雑費」で記帳となります。「雑費」と分けて費用を管理する場合は、経費の科目へ6つまで追加することができます。また、<資産>の科目は、7つまで追加することができます。
※追加できる科目数は、税務署所定の「青色申告決算書」の記入欄の数によります。

科目名は、自由に決めることができます。費用内容が分かるような科目名が望ましくなります。

注意追加する前に、初期登録されている勘定科目を、必ず確認してください。

経費の追加科目 資産の追加科目
  • 「開業費」がある場合
    <任意償却>を選択する場合は、経費へ「開業費償却」を追加してください。
  • 車の費用を経費にする場合
    経費へ「車両費」を追加してください。
  • 初期登録にない科目を使用する場合
    ※6つまで追加可能です。
  • 「開業費」がある場合
    資産へ「開業費」を追加してください。
  • 敷金、保証金がある場合
    資産へ「敷金」「保証金」を追加してください。
  • 初期登録にない科目を使用する場合
    ※7つまで追加可能です。

勘定科目の追加方法

  1. 「勘定科目の追加ガイダンス」をクリックすると、入力ダイアログが表示されます。


  2. 起動時の画面は、経費の勘定科目の追加欄になります。
    追加科目のリストから科目名を選択して「追加: ->」をクリックすると、経費の科目が追加されます。
    リストに該当する科目名がない場合は、左下の入力欄(科目名を作成)へ科目名を入力して「追加: ->」をクリックしてください。


  3. 「次へ >」をクリックすると、資産の科目の追加欄が表示されます。同様に追加してください。
    入力が終了したら、「完了」をクリックしてください。


  4. 「完了」をクリックすると、入力ダイアログが閉じて、ワークーシート上の科目欄に入力内容が反映されます。 追加した科目名が、【使用】になっていることを確認してください。

    注意「仕訳帳」へ入力後、追加した勘定科目名を修正したり、【不使用】へ変更することはできません。変更する場合は、仕訳帳へ入力したデータを全て削除してから行ってください。


  5. 勘定科目を追加すると、「仕訳パターンの設定」に科目名と初期登録されている仕訳パターンが追加されます。確認して、必要があれば仕訳パターンをカスタマイズしてください。
    ※ 経費の追加科目は「雑費」の前に、資産の追加科目は「▼資産の購入」の区分の「●資産の追加科目」欄に表示されます。

追加した科目を変更・削除する

  1. 「勘定科目の追加ガイダンス」をクリックすると、入力ダイアログが表示されます。


  2. 起動時の画面は、「経費の勘定科目の追加」になっています。
    ※資産の追加科目を、変更・削除する場合は、「次へ >」をクリックしてください。

    追加した科目リストから、削除する科目名を選択して、「削除」をクリックします。
    科目名を変更する場合は、「削除」してから、新たに「追加」してください。


  3. 「確認」メッセージが表示されます。「削除」する科目が、「仕訳帳」へ入力されていない場合は、「OK」をクリックします。
    ※「仕訳帳」へ入力済みの科目の場合は、削除できません。「キャンセル」をクリックしてください。


  4. 削除した科目№の欄が、ブランクになります。
    科目名を変更する場合は、新たに「追加」します。
    経費の科目の削除・変更が終了したら、 「次へ >」をクリックします。


  5. 資産の追加画面が表示されます。
    変更・削除が終了したら、「完了」をクリックします。 「完了」をクリックすると、ワークーシート上の「経費/資産の勘定科目」の追加欄へ(変更内容が)反映されます。

手順③ 仕事用の銀行口座が複数ある場合

仕事用の銀行口座が複数ある場合は、「普通預金」の補助科目を追加してください。預金口座を、読者特典ソフトは3つ、シェアウェア版は5つまで管理することができます。

 口座が複数ある  口座は1つ!

普通預金の補助科目を追加

【使用】をクリックして、銀行名を入力してください。セル上から直接入力いただけます。補助科目は、読者特典ソフトは3つ、シェアウェア版は5つまで追加できます。

注意「仕訳帳」へ取引データを入力した後に、追加した補助科目を【不使用】にすることはできません。もし、【不使用】にする場合は、仕訳帳へ入力したデータを全て削除してから設定を変更してください。


【使用/不使用】の設定の切り替えは、ワンクリックで!

注意ダブルクリックすると、ワークシート保護解除のパスワードが要求されますのでご注意ください。


手順④ トコトン見やすくしたい場合

使用しない勘定科目の設定を【不使用】に変更すると、「残高試算表」や「総勘定元帳」の科目欄に表示されなくなります。必要な科目だけ表示されるため、集計表がグーンと見やすくなります。 元に戻す場合は、【使用】をクリックしてください。

勘定科目に馴染めず、判断が不安な場合は、全て【使用】にしておいてください。取引内容の仕訳に慣れてきて、使う・使わないの判断ができるようになったら、自分仕様にカスタマイズしてください。


【使用/不使用】の設定の切り替えは、ワンクリックで!

注意ダブルクリックすると、ワークシート保護解除のパスワードが要求されますのでご注意ください。