フリーランスのための青色申告応援サイトです。経理初心者の方でも、青色申告が簡単に出来ます!

 未払金、クレジットカード払いについて

前年度の繰越しで、12月の電話代が「未払金」になっています。1月に「普通預金」から引落とされた場合の仕訳はどうやって入力したらいいですか。
前年度に以下のように記帳して、「未払金」を翌年へ引き継いだ場合は、次のような手順で処理します。
取引内容 借方 貸方
12月分電話料金の未払い 電話料金 未払金
  • 「期首残高の入力」の「未払金(※)」へ金額を入力。
    ※「貸借対照表」の期末残高を入力。
  • 【仕訳例】「未払金」を支払った時
    以下の仕訳を入力すると、「期首残高」と相殺されて「未払金」の残高が「0」になります。
取引内容 借方 貸方
12月分電話料金引落とし 未払金 普通預金
借方の科目名を「電話料金」とすると、今期の経費に含まれてしまいます。ご注意ください。

税務署発行の「青色申告の決算の手引き」で、「※少額な経費については、未払いの整理をしないで、実際に支払った金額だけを必要経費にしても差し支えありません。」となっているため、「電話料金」などの家事関連費は、「未払金」へ計上しなくても大丈夫です。
クレジットカードの支払いを事業用の口座から行っています。個人の買い物をした場合、どのように入力したらいいですか。
事業用の銀行口座から支払いを行っているクレジットカードで、個人的な買い物をした場合は、「事業主貸」で入力します。仕訳パターンは、生活費を引き出す仕訳と同じになります。
※購入時に「未払金」としての仕訳入力は、必要ありません。
取引内容 借方 貸方
生活費(クレジットカードで支払い) 事業主貸 普通預金
事業の経費と個人の費用が合算されて、口座から引き落とされた場合は、クレジットカードの支払明細書の内訳に従って、勘定科目毎に分けて入力します。

以下の経費の仕訳例は、購入時に「未払金」として計上していることを前提にしています。
10万円引落し。7万円が経費、3万円が個人の費用の場合の仕訳例です。
取引内容 借方 貸方
※未払計上した経費の支払い 未払金 70,000 普通預金 70,000
生活費(クレジットカードで支払い) 事業主貸 30,000 普通預金 30,000
経費をクレジットカートで支払い、リボ払いにしました。仕訳はどうしたらいいですか?
クレジットカードの支払いが、事業用の口座か個人口座からで、仕訳内容が異なります。

引き落しが、個人の口座からの場合は、購入日に、リボ払いの利子分を含めた金額を「○○費/事業主借」で入力すれば記帳は完了します。
※利子分を「利子割引料」て管理する場合は、(利子の金額を)「利子割引料/事業主借」 で入力します。

事業の口座から支払う場合は、次のようになります。一括払いと違う点は利子の仕訳になります。支払いが全て完了されると、該当費用の「未払金」残高がゼロになります。

  • 【仕訳例】購入時
    取引内容 借方 貸方
    ○○費(クレジットカードで支払い) ○○費 未払金
  • 【仕訳例】支払時 ※事業の口座から引き落し。
    口座から引き落とされた金額を、「未払金」の支払いとリボ払いの利子に分けて仕訳します。
    取引内容 借方 貸方
    ○○費(クレジットカード払い・引き落し) 未払金 普通預金
    リボ払いの利子 利子割引料 普通預金

複数の費用をリボ払いされると、引落とされた金額から利子分を切り分けて記帳することは手間がかかってきます。そこで、購入時の仕訳の際に、金利分を含めた金額で入力しておくと支払時の仕訳は、「未払金/普通預金」だけですみます。

消費税の課税事業者の方へ
クレジットカード払いの利子は、消費税が非課税になります。以上は、消費税の免税事業者/税込経理方式を採用の場合に限られます。消費税の課税事業者になっている場合はご注意ください。
事業の経費をクレジットカードで支払い、引き落としが個人口座の場合、「未払金」で記帳する必要はありますか。
「未払金」で管理が必要なのは、事業用の口座から支払っている場合になります。

引き落しが個人の口座の場合は、「経費を個人のお金で支払った」という取引内容になりますので、仕訳は、クレジットカードで支払った日に、「○○費/事業主借」で記帳となります。