フリーランスのための青色申告応援サイトです。経理初心者の方でも、青色申告が簡単に出来ます!

 勘定科目の設定・追加方法

経費の科目を追加する方法がよく分かりません。
「初期設定/勘定科目の設定」を開いていただき、「②勘定科目の追加」の下にある「勘定科目の追加ガイダンス」をクリックすると、入力ダイアログが表示されます。画面の説明に従って、勘定科目を選択入力いただくと、経費及び資産の科目を追加いただけます。

プルダウンメニューから選択いただける科目は、「追加科目例」に記載の科目になります。追加したい科目名が無い場合は、科目名を作成して入力してください。

セル上から直接、勘定科目を入力すると、シート保護解除のパスワードが要求されますので、ご注意ください。必ず、追加ガイダンスから行ってください。

任意の科目名で追加した場合は、仕訳パターンの編集が必要になります。取引内容に合わせて、仕訳パターンを追加・修正してください。
経費の科目を、6つ以上追加することはできませんか。
経費の追加科目数は、税務署所定の「青色申告決算書」の書式に準拠しているため、(書式上で追加可能な数として)6つまでになっています。ご了承ください。

初期登録の勘定科目に該当するものがない場合は、「雑費」で記帳いただくようになります。経営管理上、雑費と分けて、費用を管理される場合は、6つ以内でご使用いただけますようお願いいたします。

また、金額が大きい費用を「雑費」で記帳されると、税務署から(費用内容について)お伺いが入る場合があります。入力が1件であっても、金額が大きい場合は、費用内容が分かる科目名にて、(経費の)勘定科目を追加いただけますと幸いです。
銀行口座が複数あります。登録数は増やせませんか。
「普通預金」の補助科目は5つまでになります。フリーの経理を、できるだけシンプル(簡単)にすることを目的に開発したソフトのために、“事業用の口座は1つ!”をおススメしております。何卒ご了承ください。

5つ以上必要な場合は、暫定的になりますが、他の資産の勘定科目(当座預金や定期預金など)を仮にご使用いただく方法があります。提出用の決算書作成時には、それらを合算して「普通預金(その他の預金)」へご記入ください。
銀行口座を、2つに増やしました。設定と入力方法を教えてください。
方法は、2つあります。 1つは、本年分については、そのまま「普通預金」へ2つの口座取引を全て入力する方法です。摘要欄に銀行名を記載すると、どちらの取引かを区別できます。

翌年へ残高を繰り越す際、(翌年の帳簿の)「勘定科目の設定」で「普通預金」の補助科目を2つ作成して、それぞれ期末残高を引き継いでください。

複数の通帳の取引を1つの科目で入力していく場合のデメリットは、残高が違って入力ミスを探す場合などに見付けづらくなります。

もう1つは、「普通預金」の補助科目を2つ作成いただき、銀行ごとに入力するやり方に変更いただく方法です。補助科目の追加設定と「仕訳帳」へ「普通預金」で入力された仕訳データの修正が必要になります。

補助科目の設定と入力方法

  • 「勘定科目の設定」の③(aoiro20以降の場合)で、「普通預金」の補助科目欄へ銀行名を入力して【使用】に設定を変更してください。
  • 「仕訳帳」へ既に「普通預金」で入力された仕訳の勘定科目を、「○○銀行(補助科目名)」へ変更してください。変更は、「入力データの修正」ダイアログから、行ってください。勘定科目をソート(▲▼ボタン)していただくと、修正しやすくなります。
  • 「仕訳帳」へ入力いただく際は、取引内容を選択後に「取引銀行」をプルダウンメニューから選択してください。
事業の口座が複数ある場合、そのうち1つを外したいときは、どのようにしたらいいですか。
外す科目について、次の手順で、設定を変更してください。
  • 「仕訳帳」へ、預金残高を「事業主貸/(補助科目名)」で入力します。
  • 翌年の帳簿の「勘定科目の設定」の「普通預金」の補助科目欄にて、事業口座から外す銀行名(補助科目名)を削除して、【不使用】へ変更します。
    ※削除後、補助科目が1つになる場合は、以後「普通預金」で記帳 となるため、補助科目は全て【不使用】へ変更します。
物販を行うため、仕入が発生します。このソフトは、使えないのでしょうか。
仕入・在庫を持たないフリーランス職に特化したソフトのため、「売上原価」に関する科目(「仕入」「期首・期末の棚卸高」)や集計機能を標準装備しておりません。何卒ご了承ください。

平成25年分の申告用ソフト(aoiro25)より、仕入および売上原価集計機能を、読者特典版に標準装備いたしました。

仕入が発生する場合は、経費の勘定科目へ「仕入」を追加していただければ、ソフトをお使いいただくことはできます。ただし、本ソフトに無い機能につきましては、以下の作業が必要になります。

青色申告決算書の作成時

  • 税務署へ提出する「青色申告決算書」を作成される際は、税務署発行の決算書フォーム1ページ目の「損益計算書」の「売上原価」欄へ各金額を記入してください。
    売上原価
  • 決算書フォーム2ページ目の「月別仕入金額」欄へ、年間の「仕入金額」を月別に集計して、ご記入ください。「総勘定元帳」で、1年間の「仕入」金額が分かります。 ※「月別売上金額」は、ソフトの機能で自動入力されます。
    売上原価
  • 決算書フォーム4ページ目の「貸借対照表」の「棚卸資産」へ、期首残高と期末残高(期末商品棚卸高)を入力してください。
    売上原価

科目の追加方法

  • 勘定科目の設定画面から、経費の勘定科目へ「仕入」を追加していただくと、「仕訳パターン」の経費の追加科目へ「仕入」の勘定科目が(「雑費」の上の欄へ)表示されます。詳しい追加方法は、操作ガイドのコチラのページをご参照ください。
不動産所得の申告にソフトを使うには、どうしたらいいですか。
本ソフトは、書籍の内容に対応して、フリーランス(事業所得・一般)に向けた仕様に特化しております。ご了承ください。不動産所得の申告にご利用いただく場合は、以下の点についてご留意ください。

ご要望にお応えして、「大家さんのための超簡単!青色申告」を出版させていただきました。不動産所得の申告にはコチラをご使用ください。
  1. 勘定科目の設定
    「事業所得」と「不動産所得」では、使用する勘定科目が一部違います。次のようにご対応ください。

    ※不動産所得用の青色申告決算書は、以下からダウンロードいただけます。必ずお手元に申告用紙をご用意いただいた上で、勘定科目の内容をご確認ください。
    pdf 所得税青色申告決算書(不動産所得用)

    収入金額の勘定科目
    本ソフトの仕様で、収入の勘定科目は増やせないようになっております。「賃貸料」と「礼金・権利金・更新料」 は、「売上」の科目で記帳され、摘要欄へそれぞれ記入して区別ください。決算書へ転記いただく際は、「売上」金額を「賃貸料」と「礼金・権利金・更新料」に分けてご記入ください。

    経費、資産、負債の勘定科目
    事業所得用に初期登録されていない以下の科目は、「勘定科目の設定」から追加いただけます。
    ・経費の科目:「借入金利子」など。 「その他の経費」は「雑費」をご使用ください。
    ・資産の科目:「未収賃貸料」「構築物」 「借地権」「公共施設負担金」など。
    ・負債の科目:「保証金・敷金」など。

  2. 青色申告決算書の作成
    本ソフトで作成いただいた決算データを、不動産申告用の書式へ転記してください。決算書2ページ目の「不動産所得の収入の内訳」は、項目に合わせてご記入ください。
    1ページ目の「損益計算書」及び3ページ目の「減価償却費の計算」、4ページ目の「貸借対照表」は、事業所得用の書式と同じになります。

  3. 青色申告特別控除の金額
    「事業所得」では、所定の条件を満たせば、事業の規模や売上高に関わらず、特別控除65万円の対象になります。
    しかし、「不動産所得」で65万円控除を受けるためには、事業的規模で行っている場合に限られます。事業的規模に満たない場合は、10万円控除になりますので、ご注意ください。事業規模の判断基準については、国税庁のページをご参照ください。

「不動産所得」の申告についてご不明なことは、納税される税務署へお問合わせいただけますようお願いいたします。

国税庁タックスアンサー
No.1370 不動産収入を受け取ったとき(不動産所得)
No.1373 事業としての不動産貸付けとそれ以外の区分
No.1376 不動産所得の収入計上時期
No.1379 修繕費とならないものの判定
No.1399 新たに不動産の貸付けを始めたときの届出など